非常勤の労働形態もある看護業界での仕事

 多くの女性が活躍している看護師のワークスタイルは常勤ばかりではない。例えば、非常勤の労働形態で働く選択肢もある。都合により常勤では仕事ができない場合には、非常勤の選択肢も視野に入れることができる。非常勤看護師として働くメリットは、時間の融通が利きやすい点にあるだろう。

 常勤看護師の場合、定められた勤務時間内に仕事をこなさなければならず、家庭の事情により支障が起きる場合も多い。一方で非常勤のワークスタイルであれば、都合のよい時間帯の仕事の案件を選んで働けるので、無理なく活躍できるのだ。また、非常勤とは言っても、看護師の場合は報酬が高い傾向にある。看護師は医療の専門技術職の一つであり、国家資格を有していなければ看護師として医療行為に関わる仕事はできないので、他の仕事と比べると非常勤であっても満足のいく報酬が得やすいのだ。

 しかしその一方で、非常勤看護師の立場で働く場合には福利厚生や社会保障などの面でデメリットがあり、常勤看護師よりも得られるサポートが少ない点は注意しなければならない。また、非常勤の立場は、同じ職場でこれからも長く働き続けられる保証がないため、安定性に欠ける点もデメリットである。

 このように、常勤と非常勤の労働スタイルにはそれぞれにメリットやデメリットがあり、一概にどちらが良いと判断するのは難しい。また、診療科目によっても業務内容に特徴があるので、それらを理解した上で最も自身に合う働き方を選べば、ワークライフのバランスを取ることができるだろう。

Comments are closed.